head-banner

新着記事一覧

  • 狭いリビングダイニングを広く見せるコツ readmore

    狭いリビングダイニングを広く見せるコツ

    日本の住宅は部屋が狭いと感じることが多いですよね。 よくある2LDKや3LDKの間取りのリビングダイニングは10畳や12畳くらいが多いのですが、家具やインテリアのレイアウトに困っている方は多いのではないでしょうか? 部屋の家具、インテリアのレイアウトがその狭いリビングダイニングを、さらに狭く見せる原因を作っているのかもしれません。 そこで狭いリビングダイニングでも、広く見せるコツを考えていこうと思います。 ポイントは3つあります。

  • 洗濯機の排水口つまりを解消! readmore

    洗濯機の排水口つまりを解消!

    洗濯機の排水口が詰まる原因 洗濯機の排水口は通常、排水ホースと接続されています。 主流なのは、防水パンと呼ばれる部分に排水口があるタイプで、そこに排水ホースを接続します。 取り付けに手間がかかるため、一度取り付けたら洗濯機を買い替えるまで外…

  • デメリットをしっかり理解!ビルドインガレージ readmore

    デメリットをしっかり理解!ビルドインガレージ

    ビルドインガレージ、ガレージハウスなど呼び方は色々ありますが、一般的には一階部分が車庫に、二階以上が居住スペースになる造りの住宅を指します。 車好き、バイク好きの方には最高の間取りといえますが、一緒に生活をする家族のためにも、しっかりとデメリットを把握しておく必要があります。

  • トイレのリフォーム!タンクレスはアリか?ナシか? readmore

    トイレのリフォーム!タンクレスはアリか?ナシか?

    トイレのリフォームをする際に、最近ではタンクレストイレという選択肢があります。 普及も進む中、まだまだタンクのあるトイレが主流といえるでしょう。 今回は、これからトイレを新しくリフォームされる方にわかりやすく、タンクレストイレのメリットとデメリットをまとめてみました。

  • DIYでもできる!?室内の地震対策 readmore

    DIYでもできる!?室内の地震対策

    地震に対するリフォームは大掛かりなものばかりではありません。 室内に配置された家具や電化製品、食器、ガラスなどは、地震の揺れにより凶器と化す場合があります。 そういった家の中の備品などをしっかりと固定し、地震に備えることで人的被害を少しでも減らすことができるでしょう。 今回はDIYでもできるような、比較的簡単な地震対策をご紹介したいと思います。

  • 電気代が高い!なぜ高いの?家電見直し readmore

    電気代が高い!なぜ高いの?家電見直し

    各家庭のライフスタイルや季節、時間帯によっても電気使用料金に変化はありますが、電気プランの見直しの際には、電気代が高い家電製品に注目してみましょう。

  • リフォーム中の空き巣に注意!鍵の管理はしっかりと! readmore

    リフォーム中の空き巣に注意!鍵の管理はしっかりと!

    規模が大きく、工事期間の長いリフォームの場合、居住者が不在の間にも工事を進めるケースがあります。 なるべく避けたい状況ですが、仕事などで忙しい場合は仕方ないこともあるようです。 しかし、鍵の管理に関するトラブルや、 工事期間を狙っての空き巣被害なども起こっています。 今回はそんな工事期間中の鍵管理や防犯対策について考えていきましょう。

  • 川沿いの土地、家~デメリットの把握がポイントになる! readmore

    川沿いの土地、家~デメリットの把握がポイントになる!

    もし条件にピッタリの物件が、川沿いの場合どうしますか? 日当たりも良好で、自然も多い環境は悪くないようにも思います。 しかし、大雨などによる災害が起こりやすいことなど、不安要素も考慮しなければなりません。 今回は川沿いの住宅についてメリット、デメリットを考えてみたいと思います。

  • 畳の表替え、新調、裏返し readmore

    畳の表替え、新調、裏返し

    消耗品である畳は、年月が経つと畳表が色褪せてきたり、足ざわりが悪くてなったりと徐々に傷んでくるため、定期的な張り替えが必要です。 畳張り替えの際によく出てくる言葉は、表替え、新調、裏返しです。 今回は、そんな畳についてのメンテナンスや張り替えについてまとめてみました。

  • 正体不明の部屋の寒さ!原因はコールドドラフト現象かも!? readmore

    正体不明の部屋の寒さ!原因はコールドドラフト現象かも!?

    暖房の温度設定のわりに部屋が寒い、隙間風を感じる、足元が冷える、など… その原因はコールドドラフト現象かもしれません。 そういった状態のままでは暖房の効きもわるく高熱費がかさんだり、住宅自体が冷えきっていくばかりです。 今回は冬の寒さの原因の一つ、コールドドラフト現象についてご紹介します。