head-banner

カバー工法とは?そのメリットとデメリット1/1

屋根のリフォームには、大きく2種類のやり方があります。まずひとつは、いわゆる屋根の葺き替え(ふきかえ)工事です。そしてもうひとつのやり方が今回ご紹介する、屋根カバー工法なのです。どちらにもメリットとデメリットがあるのですが、どちらの工法が適しているのかは、家のつくりや、立地、求める機能によってもちがってきます。

画像はイメージです

屋根カバー工法とガルバニウム鋼板

カバー工法とは、既に設置されている屋根の上に新しい屋根材を設置します。
もともとの屋根を撤去せず、そのまま、新しい屋根材を被していきます。
最近、注目されている屋根材として、ガルバニウム鋼板があります。カバー工法や外壁などにも使用される金属板で、
鉄板にアルミニウム、亜鉛、シリコンなどのメッキ加工を施した建材です。 ガルバニウム鋼板を使用した屋根カバー工法は、雨風をしのぐ役割だけではなく、遮熱性などにも優れています。それによって夏でも比較的涼しい、快適な居住空間をつくるのに役立ってくれます。
またガルバニウム鋼板は、ひび割れもしにくく、耐食性が高く、酸性雨などによる劣化も軽減できる優れた屋根材のひとつといえるでしょう。

屋根葺き替えと比べてメリット

  1. 既存の屋根に被せる二重構造の仕組みのため、基本的に廃材がでません。
    そのため廃材を処分する費用や撤去費用がかかりません。
  2. 遮熱性、遮音性などに優れている。
  3. 工期が短いため急ぎの改修に適しています。

屋根葺き替えと比べてデメリット

  1. 二重屋根ですので重量があり耐震性には、あまり優れません。
  2. 屋根が劣化し過ぎると内部の補正が必要になります。結果的にカバー工法の施工が出来ない場合があります。
  3. 工事費用はカバー工法の方が、高い場合が多い。

などがあげられます。

工期と費用について

一般的な住宅の場合、一週間程度でカバー工法での工事が完了します。
費用は1㎡あたり約9,500円くらいが平均的ですが、もちろん使用する建材などによってトータルの工事費は変わります。

屋根カバー工法の流れについて

  1. 既存カラーベスト屋根の上から屋根下地合板を張ります。
  2. 屋根防水シートを張ります。
  3. 屋根カバー工法する際の下準備をします。(軒先き水切り)
  4. ケラバ水切り
  5. 本体工事
  6. 仕上げ工事(棟包)(ケラバ包)

業者により、手順は若干ちがいますが、このような流れで工事が進んでいくことが多いでしょう。

まとめ

各家の屋根に合った方法での施工が必要です。
求める外観や、機能などをしっかり業者に伝え、慎重に工法や建材選びをしてください。
屋根のつくりによって居住空間の快適性にも、大きな影響が出てきます。
お住いの地域の、雨量や気候なども考慮した上で工事をスタートさせましょう。

FacebookやTwitterで更新情報を発信しています。
ぜひリカルテをフォローしてください!